1. HOME
  2. ブログ
  3. 太陽光発電
  4. 知って得する!太陽光発電で起こりがちな工事と近所のトラブル事例

BLOG

ブログ

太陽光発電

知って得する!太陽光発電で起こりがちな工事と近所のトラブル事例

太陽光発電の導入を検討している方の中には、トラブルに巻き込まれず無事に設置を完了させたいと思われている方が非常に多いでしょう。太陽光発電は電力供給設備なので、専門の業者に工事を依頼し、導入をしなければなりません。また、太陽光パネルはサイズが大きく、反射光を発生させます。そのため、ご近所に配慮しながら運用したいと考える人も多いでしょう。

今回は、太陽光発電で起こりがちな工事やご近所トラブルの事例について解説します。事例から対策すべきことがわかるので、導入を検討している方はぜひ最後まで読んでみてください。

工事によって発生するトラブル事例2選

起こりやすい工事トラブルは下記の2つです。

屋根瓦の破損

1つ目の事例として屋根瓦の破損を挙げることができます。家庭用太陽光発電は、屋根に設置することが多いです。そのため、施工の際に瓦や防水部分に傷がついてしまうと雨漏りを発生させる原因となります。しかし、ほとんどの業者が施工によるトラブルが発生した際、保証をしてもらえるため、業者に保証の有無を確認しましょう。

パワーコンディショナーの不良

2つ目がパワーコンディショナーの不良です。パワーコンディショナーは発電した電力を家庭で使用できる電気に変換する精密機器になります。一定の動作不良の報告があり、故障しやすい機器のひとつです。

しかし、パワーコンディショナーの動作不良は、ほとんどのケースで工事が原因ではありません。フィルターのつまりなど使用中のメンテナンス不足が原因です。多くの業者では、保証を提供しているため、期間内であれば無料で修理してもらうことができるでしょう。

近所との間で起こりやすいトラブル事例2選

近所とのトラブル事例は下記の2つです。

反射光によるトラブル

1つ目の事例は反射光によるトラブルです。太陽光パネルは光を反射するため、設置業者によっては近隣に迷惑をかける設置をされる心配があります。しかし、多くの業者では、設置前に反射光を計算しており、そのようなトラブルが起こることは珍しいです。

落雪によるトラブル

2つ目が落雪によるトラブルです。降雪量の多い地域では、太陽光パネルに雪が積り、雪解けにより落雪が発生しトラブルを引き起こす可能性があります。そのため、落雪防止設備などを設置するなどの対策を取る必要があるでしょう。

トラブルを回避したいなら和上ホールディングスにおまかせください!

和上ホールディングスは、太陽光発電の販売やメンテナンス、サポートを行っている業者です。お客様がトラブルに巻き込まれないように、最後まで責任を持ち設置することができます。安心して太陽光発電を設置したいという方は、ぜひホームページからご相談ください!

関連記事