1. HOME
  2. ブログ
  3. 太陽光発電
  4. 太陽光発電の種類とは?それぞれのタイプの特徴を知る

BLOG

ブログ

太陽光発電

太陽光発電の種類とは?それぞれのタイプの特徴を知る

太陽光発電にはいくつかの種類があるのをご存知でしょうか。種類が豊富にあることで、設置場所に最適なパネルを設置することが可能です。また、種類によって発電効率や導入費用も変化します。

今回は、太陽光発電の種類やタイプ別の特徴について解説します。これから太陽光発電の購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

太陽光発電の3つの種類と特徴

太陽光発電の種類は下記の3つです。素材や特徴について詳しく解説します。

薄膜シリコン太陽パネル

1つ目の種類は薄膜シリコン太陽パネルです。このタイプは、電卓や時計などに使われることが多くなっていますが、屋外用の太陽光発電システムで実用化するために、開発が進められています。

薄型と軽量が特徴で、もし実用化に成功すると太陽光パネルの大量生産を実現できるのです。もちろん、生産性が高まれば価格が安くなるので、今よりも多くのご家庭や企業の人たちに手頃な値段でお届けすることが可能になるでしょう。

結晶シリコン

2つ目のタイプは、結晶シリコンです。結晶シリコンのソーラーパネルはもっとも普及している太陽光発電システムになります。

特徴は、多様なパネルの形状です。さまざまな形に適応させることができるので、屋根の形状に最適なものを設置することができます。また、デザインの種類も豊富に用意されているため、家の外観を損なわないことも大きな特徴になるでしょう。

CIGS

3つ目がCIGSです。銅、インジウム、ガリウム、セリンの4種類の元素のイニシャルを取り名付けられました。CIGSは、太陽光発電の販売が開始した初期の頃のパネルです。

価格が安いという特徴が挙げられます。完成までに必要な資源が少なく、量産することができるため、ほかの種類よりも低価格で導入することが可能です。一方で発電効率は低くなっています。

太陽光発電の設置なら個人法人問わず和上ホールディングスにおまかせください!

今回は、太陽光発電システムの種類やそれぞれの特徴について解説しました。種類によって特徴などが異なります。また、開発が進められているものもあり、今後さらに低価格で入手できる可能性もあるでしょう。

もし、これから購入を検討しているなら、和上ホールディングスにおまかせください!和上ホールディングスは、太陽光発電や蓄電池の販売・サポートを手掛ける企業です。個人や法人問わず、最適な太陽光発電を導入できるように提案致します。自分に合ったものを導入して節電効果を得たいという方は、和上ホールディングスのホームページからぜひお問い合わせください!

関連記事