1. HOME
  2. ブログ
  3. 太陽光発電
  4. 太陽光発電に投資して収益を得るメリット・デメリット

BLOG

ブログ

太陽光発電

太陽光発電に投資して収益を得るメリット・デメリット

太陽光発電は、節電効果を得るために設置する方も多いです。しかし、発電した電力は売電することができるため、ビジネスのために太陽光発電を導入する個人や企業も少なくありません。

実際に、太陽光発電への投資を検討している方の中には、どのようなメリットがあるのか知っておきたいという方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は太陽光発電投資のメリットとデメリットについて詳しく解説しますので、興味のある方はぜひチェックしてください。

太陽光発電投資の2つのメリット

太陽光発電に投資するメリットは下記の2つです。

リスクが高くない

1つ目のメリットは、リスクが高くないということです。その理由のひとつに固定価格買取制度を挙げることができます。

固定買取制度は20年間同じ価格で電気を売ることができる制度です。そのため、価格の下落によって収益が減ることがありません。20年間安定して利益を獲得できる可能性が高いので、ほかの投資に比べてリスクが低いと言えるでしょう。

高利回り

太陽光発電投資の最大のメリットは高利回りです。条件によって変化しますが、平均10%の高利回りを得ることができます。例えば、1,500万円を自己資金で支払えば、年間150万円の利益を獲得することが可能です。また、固定買取制度によって収益が減る可能性が少ないので、投資効率が良いでしょう。

太陽光発電投資のデメリット

一方、太陽光発電投資にもいくつかのデメリットが存在します。投資後に後悔しないためにもデメリットをしっかりとチェックしておきましょう。

天候によって収益に差が生まれる

1つ目のデメリットは天候の影響を受けやすいという点です。太陽光発電は、太陽光を電気に変換する発電システムなので、天候によって発電量に差が生まれます。例えば、1年間の中で晴れの日が少ないと、その分収益も下がることになるため、デメリットとして数えることができるでしょう。

災害によるリスク

2つ目は災害によるリスクがつきまとうことです。災害により土砂崩れが発生しパネルが大きな被害を受けたり、台風によってパネルが破損したりするリスクがあります。そのため、保険に加入するなど、災害にしっかりと備える必要があるでしょう。

太陽光発電投資を検討している人は和上ホールディングスにお問い合わせください!

太陽光発電投資を検討している方は、和上ホールディングスにおまかせください!和上ホールディングスは、個人だけでなく法人にも太陽光発電の販売やサポートを行っており、収益目的で導入する人のバックアップをしています。興味のある方はホームページから気軽にお問い合わせください!

関連記事